中伊豆の新しい観光名所!?「機織りカフェ」さんの雰囲気は中伊豆の良さが凝縮されている!

中伊豆で観光をすると、美味しいものやおしゃれなものがたくさんあるのはもちろんですが、僕は中伊豆というエリアの「雰囲気」が一番の観光スポットな気がします。

中伊豆のちょっと奥の方、原保や姫の湯に行って少し道端に車を止めて耳をすませてみましょう。

すると大見川の音が延々と聞こえ、360度緑に囲まれて「本当に東京と同じ時間が流れているのか」と思うことでしょう。

そんな中伊豆の良さが凝縮されている、「知る人ぞ知る」名所を発見しました

その名も「機織りカフェ」(はたおりかふぇ)さん

広々とした店内、空間に響く川の音、自然の植物から採った色で染められた糸とそれで編まれた物。

ちょっとだけ異世界で、でも心地よく癒してくれる場所です。

*「カフェ」と銘打たれていますが、現在飲食物の提供はされていません。「ギャラリーに行く」くらいの感覚で行ってみましょう。
 

中伊豆の観光スポット:機織りカフェさんに行ってみる

中伊豆観光マップで見つけた機織りカフェさん。写真があまりにもおしゃれなので意を決して行ってみました。
HPにもある通り、不定休ということなので9時ころ電話をすると「開けますよー」とのこと。

なんて素晴らしくゆるいんだ!!これぞ伊豆!?

まずは、車で中伊豆の「徳倉野」というバス停を目指しましょう。

このバス停を右折します。
山道を数分走ると大きな施設が見えてきます。

目をこらすと、カフェマーク的なものがありました。

さらに「機織りカフェはこちら」的マークも。

ということで、大きな施設手前の急坂を下りてきます。

見える景色が半端ない。半端じゃない。

右手奥に建物らしきものがあります。

味のある廊下を進んで玄関へ。

入り口のオシャレ感が半端ない。このもしゃもしゃしたものはなんという植物なんだろう。

名刺もオシャレ。どうやらこの場所は「わかった会館」というらしい。

電気をつける前、少しくらい中ですが、白を基調としたおしゃれな空間が広がっています。

部屋の奥は壁全面が窓になっていて、外の大見川の音がざーっと聞こえてきます。

店内には染物の品々が飾ってあります。

この帽子掛は、鹿の角!!

爽やかで涼しげな織物の数々がディスプレイされています。

麦茶とお菓子を出していただきました。

話を聞いてみると、2017年の年末まではお料理や飲み物を有料で出していたが、いそがしくなってきたこともあり「カフェの営業をやめた」とのこと。

現在このスペースはギャラリーや機織りのワークショップ用に、そしてこの空間を楽しみたい人向けに連絡があれば解放しているそうなんです。
「機織りが好きな人、布が好きな人はもちろんですが、この空間を味わってみたい方に是非来ていただければ」
というのは店主さん。(というか作家さん。)

本当に癒しの空間で広いこともあり3歳の娘も大はしゃぎ。

昔の機織り機なんかもぽろっと置いてあったり。

和ダンスがおしゃれに空間に調和していたり。

自分で染めた糸たちがかざってあったり。

どこを見てもおしゃれ空間です。

「下に降りてみますか?」と言っていただいたのでお言葉に甘えて。

下には手織りスタジオがあるようです。

下りてみると、すごいことになっていました。
テレビでしか見たことがないような古い機織り機が何台も鎮座しています。

これは好きな人にはたまらないのでしょう。

作家さんはこれを使って着物なんかも編まれるそうです。

僕から見たらレトロでオシャレなもの、ですが、人によってはまだまだ現役の機織り機。

1つ1つが今も使われているので古くはあっても「置物感」が一切しません。

それが故の機能美、を感じさせますね。

こうやって空間を楽しんだり機織り機を楽しんでいる間にも聞こえてくる川の音。
気になったので少し外に出て見ました。

建物の外観は1階部分がコンクリ打ちっ放しでオシャレ。

そしてその建物を囲むように、小さな子どもが遊んでも全く問題のない小川が流れていました。

すぐ近くには大見川。これが水の音の正体ですね。

広々とした白の空間を満たす水の音と布の優しさ。
それらに包まれながら窓から見える山の景色をずっと眺めていたい、そんな気持ちになってしまう、「機織りカフェ」さんでした。

中伊豆の観光スポット:機織りカフェさんの概要

機織りカフェさんのアクセス、営業時間などを確認しましょう。

■店名
機織りカフェ
http://itoorimidori.wixsite.com/hataoricafewakatta

■住所
〒410-2518
静岡県伊豆市姫之湯565-4
[btn]機織りカフェさんの場所をgooglemapで確認する[/btn]

■営業時間
不定休
行きたい時には電話にて連絡。
090-7436-5267

「カフェ」という名前ですが食事などはありません。あくまでも空間を楽しむところです。あしからず。

 
伊豆にいてお腹が減ったら、この辺を攻めてみてください。

コメントを残す