イズノクニで炭を作る「イズノスミ」-火入れ編-

イズクラシ、楽しんでます。伊豆の国市地域おこし協力隊千田です。

「炭を作る」

 

-スミヲツクル??

 

お世話になりっぱなしの浮橋区で、昔から行われていることの一つ。

それが、「炭作り」

 

炭と言えばBBQくらいしか思いつきませんが、家に火鉢があることも珍しくないここでは、炭は日常。

 

その炭を作る、とは一体どういうことなのか。あまりにも面白そうなので千田はお願いして炭ができるまでを取材させていただくことにしました。

 

炭作りはざっくり書くと三段階で行われます。

  1. 木を切って倒す
  2. 倒した木をさらに細かく切る
  3. 1週間ほど焼く

 

木を切って倒す、は前回の記事をご覧ください。

http://www.cdalio.com/cut-tree.html

 

さて、今回は2の「木を切る」ところの取材です。

 

と思いきや。

 

「千田よ、木を切るのは1/7だぞ」

 

-1/7?嫌な予感がする。あ、まごころ市場でもちつきしてお雑煮を配布する日だ!とても行けないじゃないか…

 

ということで、せめて火入れをするところを撮りたい!とまだ見ぬ「炭焼き小屋」を目指して車を走らせます。

浮橋は賀茂神社から。

 

この画像の奥の方にあるらしい。

 

ずんずん奥に進みます。

 

ふと横を見ると原木しいたけが埋め込まれた木たちが。かっこいい。

 

まだまだ進みます。

 

どこまで進むのか不安になったころに

 

 

軽トラが見えて来ました

 

どうやらここのようです。

 

本当に小屋だ!

 

「炭焼き小屋」って書いてある!

 

入り口には「釜で火を焚くための木」と思しきものがたくさん。

 

木もそうですし

 

竹もあります。

 

そしていよいよ中に侵入。

 

お、趣がありあすぎる。

 

この画像中央、よく見ると木が並んでいるのがわかります。

 

この日は前回切った木を細断して釜の中に並べる、という作業をしたそうです。

見たかった…

 

そしてこれからは火をつけて、10日間弱火を絶やさず燃やし続けます。

 

でも火がついているのは入り口だけ。入り口の奥の木たちは直接燃えるわけではなく、いわば蒸し焼き状態に。

 

轟々と燃えだした火は、10日間で木を炭に変えます。

 

伊豆の国市には世界遺産でもある韮山反射炉がありますが、反射炉が作られたのはその熱源となる炭が豊富にあったからとかなんとか。聞いた話なので事実はわかりませんが。

 

 

毎日、火を絶やさないように朝の8時前から夜は10時過ぎくらいまで地域の方が交代で火の番をします。

 

気さくなみなさんは、僕が顔を出すと

「よし、餅でも食べていけ」

と餅を焼いてくれました。

 

小屋はとにかく寒いので、暖をとるための火鉢と炭が傍に置いてあります。

 

 

そこに網を乗せて、お餅もon.

 

もちろんお餅はみなさんご自身で作ったもの。

 

うますぎないわけがない。

 

 

寒い中、暖かいお餅とお茶をいただく。

みなさんは、昔のこと、今のこと、これからのことを、お茶碗で手を温めながら快活にお話しします。

これは、毎年の恒例行事。

 

「これが楽しいから、やってるんだよ」

 

できた炭は売ることはほぼなく、作った人たちで分配を。

夏のBBQだけじゃなく、冬は囲炉裏や火鉢を使っているのでみなさんにとって大切な熱源。

 

 

何本もの木を切り、それを運び、釜に入れ、10日間ほども火の番をする

一人でやるにはあまりにも大変な作業。地域のみなさんで少しずつ分け合って。

きっと、何年も続いて来たこと。

 

それはきっと習慣になり、習慣は文化を作り、文化は人をつなぐのでしょうか。

 

煙たい目をたまにこすりながら、お茶を飲みつつ笑い合うみなさんを見て浮橋に根付いた文化の深さを感じられました。

 

そんなステキ浮橋。

伊豆の国市ふるさと博覧会でそば打ちイベントをやるのです。
このイベントはすでに終了しています。

 

そば粉はもちろん、年に一回行われて2000人もの来場者を数えるそば祭りで使われるそば粉と同じもの。

http://www.cdalio.com/soba-fes.html

 

「大人5000円」ちょっと高い?いや、よく読むと

【大人1組で5000円】なんですね。そして1組み3名まで参加が可能。

つまり、大人3人で参加すると一人あたり1600円ほどということになります。

 

お申し込みはこちらから。

 

そば打ちはもちろんですが、浮橋地区の雰囲気もぜひ楽しんでいただきたい。

伊豆の国市ふるさと博覧会、浮橋でのそば打ち、オススメです。

 

コメントを残す